簿記_延岡_プリンシプル

簿記・パソコン検定について

プリンシプルでは様々な資格試験が受けられます!

簿記_延岡_プリンシプル

 プリンシプルでは、様々な資格試験が受けられます。パソコンに関連する試験に関しては、県外随一の規模を誇るだけでなく、CBT形式による日商簿記など、宮崎県北ではプリンシプルでしか受けられない資格もございます。また、国家資格を所有しているキャリアカウンセラーが常駐しているため、「こういう仕事につきたいけど、どんな資格が必要?」「将来こうなりたい…そのために持っていた方が良い資格は?」など、お仕事や資格におけるご相談は全て解決いたします。「もっともっと成長したい!」そんなモチベーションをお持ちの皆様を、私たちプリンシプルは、全力でサポートいたします。

プリンシプルで受けられる検定の種類(一例)

○ コンピュータサービス技能評価試験(CS試験)

コンピュータの操作方法を学習した方々や、コンピュータを利用した各種サービスを行う方々を対象に、その操作能力を評価する試験です。県北地区全域を弊社で対応しております。詳細はこちら

○ マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

エクセルやワード、パワーポイントなど、マイクロソフトオフィスの利用スキルを証明できる資格です。

○ 日本情報処理検定協会の各種試験(職業訓練生対象)

ワープロやプレゼン資料作成、文書デザインなど、パソコンを使った実務的なスキルを評価する実技試験です。

○ 日本商工会議所の検定各種

・日商PC検定
数あるパソコン関連資格のなかでも、商工会議所が実施する公的資格として位置づけられ、企業や教育機関から高い評価と信頼が得られる資格です。
・原価計算初級
生産性向上を図るには、自社の製品・サービスの原価(コスト)と売上、利益を正確に把握しておくことが必要であり、これを求める「原価計算」は、生産性を見える化し、その向上を図るうえで必須となる知識・スキルです。
・日商簿記初級
簿記の基本知識は、企業活動や経営を理解するため、経理・会計担当者のみならず、業種・職種を問わず企業人すべてに必要とされている資格です。簿記初学者向けの入門級として、実践的な簿記の知識の習得を目指します。
・日商簿記検定3級
業種・職種にかかわらずビジネスパーソンが身に付けておくべき「必須の基本知識」として、多くの企業から評価される資格で、基本的な商業簿記を修得し、小規模企業における企業活動や会計実務を踏まえ、経理関連書類の適切な処理を行うために求められる資格です。
・日商簿記検定2級
経営管理に役立つ知識として、企業から最も求められる資格の一つで、高度な商業簿記・工業簿記(原価計算を含む)を修得し、財務諸表の数字から経営内容を把握できるなど、企業活動や会計実務を踏まえ適切な処理や分析を行うために求められる資格です。

​※ 宮崎県北において、日商簿記検定2級・3級のCBT形式による試験はプリンシプルのみ開催会場となっております。